ホーム > 筋肉 > 筋トレしても思うように効果が出ない理由とは

筋トレしても思うように効果が出ない理由とは

筋トレをしても思ったように筋肉が付かない…という悩みを抱えている人は意外と多いと思います。 せっかく一生懸命頑張っているのに筋肉が付かないのでは、筋トレのモチベーションも下がってしまいますよね。 筋トレをしても筋肉がつかない理由の一つにはまずはタンパク質不足が挙げられると思います。 タンパク質と言うのは筋肉を作る材料となるものですから、不足してしまっては当然筋肉が付くはずもありません。 筋トレをする人が1日に摂取すべきタンパク質の量は、体重×2gとされています。例えば体重60kgの人であれば、120gと言うことですね。 これって食事から摂るには意外と多い量。なので、不足が気になるという人はやはりプロテインを上手に利用するのが良いでしょうね。  あとは、単純に負荷が足りないという場合もあると思いますし、逆に負荷が強すぎたり筋トレの頻度が高すぎても良くないんだそうです。 そう考えると、やはり1日置きなど多少休息を挟んで筋肉を回復させることは筋トレの効果を出すためには重要なんですね。

BCAAは筋トレサプリの大定番!効果や飲み方を解説